外国からの就労者は基本的には単身で来日し、日本に親戚や知り合いもいない場合がほとんどです。
企業側も様々な受入れの準備が必要となります。(住居の手配、備品の手配や貸与など)

宿舎等において用意して欲しい備品

1.就労者個人に貸与する什器備品

1)寝具

  • 敷布団・掛け布団・毛布・座布団 各1
  • 敷布団用・掛け布団用シーツ 各2、座布団カバー 1
  • ベッド(できれば)

2)衣類収納ケース

  • ファンシーケース、下着類収納ボックス(ケース)
  • クローゼット、ハンガー10本

3)食器類

  • 茶碗、コップ、お箸、ナイフ、フォーク、スプーン、お皿、丼

4)その他

  • バケツ、雑巾、ふきん 各2

2.各部屋に用意する備品類

1)冷暖房器具

  • エアコン・扇風機
  • 石油ファンヒータ(若しくは同等の暖房器具)

2)照明器具

  • 原則30ワットクラス2本の照明器具

3)その他

  • テーブル、いす やかん、ポット、電子レンジ

3.宿舎全体で用意する備品

  1. 洗濯機
  2. 物干し (竿、ハンガー)
  3. 掃除機
  4. 炊飯ジャー
  5. 厨房設備
    1. 流し台、ガスコンロ、包丁(菜切、文化)、まな板
    2. フライパン、鍋
    3. 冷蔵庫
  6. 食器棚
  7. シャワー付き風呂
  8. 消火器

備考

*一人当たりの居室スペース、原則7.5平方メートル。
*日本人就労者に社宅を提供している場合は、同等の広さを用意する。
*これらを準備していることを外国人就労者に連絡し、それ以外に必要な個人の物は本人が準備する。
*設備は清潔であれば中古で可。

お気軽にお問い合わせください。0742-53-0133受付時間 9:00~17:00土・日・祝・お盆・年末年始はお休み

メールでのお問合せはこちら