<メルマガ転載>第24回ベトナム人人財のご紹介を始めました

新年あけましておめでとうございます。
年末年始は孫の子守と読書。寒さも厳しく感じ、自宅でゆったり過ごしました。
TVも毎年の「ガキ使」スペシャルも終わり、特に見たい番組もなし。帰省した娘たちもジャニーズカウントダウンをビデオ撮りし、年明けにCMカットして見る。等
イオンが年末年始のお休みを辞めて、元旦営業を始めた時、時代の変化を感じましたが、昨今は年始の休業店舗も多く、TVも見なくなる等、また新しい時代に入ったようですね。

個人的には、第3回の事業再構築の承認を頂いており、昨年11月末に終了。その実績報告が1月20日まででしたので、成果報告書に加え、見積書・領収証や会計の仕訳帳を切貼りしながら、140ページを超える添付資料を作成するに充分な時間でした。こんなの誰がチェックするんだろう、とスポットで集められた担当者方々の苦悩が目に浮かびました。

事業再構築に関しての余談ですが、本業を補助する新事業スタートに、最大3/4の助成金が与えられます。美味しい補助事業は、設備投資が大きく、ランニングコストの低い事業。具体的には、コインランドリーがその格好の補助事業の一つですね。お弁当屋さんやレストラン、または学習塾等の近隣に、コインランドリーを設置することで、本業の集客が上がる、そのランニングコストも人件費が掛からないので安く済む、という理由です。コインランドリーはコンビニの跡地が良く目につきますが、あのスペースに設備を設置するのに約3千万円、この3/4が補助されますので、美味しいと言えますね~
現在、第8回の公募受付中です。1月13日まで、次の第9回は1月下旬に公募開始とのことです。

外国人人材については、11月末現在の特定技能制度運用状況が、発表されています。
・11月の就業者:前月比約8.3千人増、年間10万人ペース
・都道府県別トップは、愛知県8.9%、以下関東地区、大阪、兵庫と都会集中
・分野別では、飲食料品製造業33%、製造業20.9%、農業13.1%、介護12.2%、建設9.7%と上位5分野で88%を占める
・国籍別では、ベトナム59.5%、次いでインドネシア11.8%、フィリピン10.1%。ベトナムが圧倒的に強い

内容は、ほぼ前回発表値と大差が無く、ベトナム人の就業が圧倒的に強い事を鑑み、弊社もベトナム人のご紹介を始めました。昨年末に、登録支援機関としての対応言語に、ベトナム語を追加し、有料職業紹介の対象国についても、日本・フィリピンに次いで、ベトナムの追加を申請済みです。
ベトナム人の強さは、現地送出し機関や日本語学校の日本語や文化教育の徹底につきます。
一方で、日本で就業するベトナム人は、その教育費の借金(60~100万円)からスタートし、順調に正規の給料を日本で得れば、1年強で返済は完了しますが、ケガをしたり、ちゃんと給料を払わない日本の雇用主もいたり等、TVでの報道は堪えません。しかしこれらはほぼ、技能実習に限られますので、そんなあっせんには手を付けず、特定技能外国人として、日本人と同等以上の給料を約束して頂ける雇用主様に、ご紹介させて頂きたいと思っております。

本年も、昨年同様、どうぞよろしくお願いいたします。

<メルマガ転載>第24回ベトナム人人財のご紹介を始めました” に対して1件のコメントがあります。

  1. Pretty! This has been a really wonderful post. Many thanks for providing these details.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です