<メルマガ転載>第8回アセアン各国の違いについて(2.インドネシア編)

31日、岸田首相の新コロナ対策の具体案が発表されました。
とは言え、首相の話とあまり内容は変わらず、なんか拍子抜けでしたね。

さて、私見の、アジア各国の違い2回目、インドネシアを紹介説明したいと思います。

1.インドネシア人(国内特定技能労働者の9.0% 令和4年6月末現在)
 ベトナムが63%ですか、大きく水を空けられた3位です。
ちなみに2位はフィリピン9.7%、4位中国7.0%
インドネシアは、ASEANでは最も人口が多く、2億7千2百万人、世界4位の大国です。
特徴は、南半球に位置し、17千の島々で成り立っています。 インドネシア共和国という
共和国にふさわしく、色んな民族が集まっている他民族国家です。
南北は5,000kmありますので、ほぼアメリカと同じ幅です。
また90%の国民がイスラム教、インドネシアに行くと1日5回のお祈りの時間は
お祈りの音楽が町中で聞こえます。
そして親日です。
日本で働く場合、企業はこのイスラム教のルールを熟知しなければなりません。
豚を食べない、アルコールを飲まない、お祈り室を設け、メッカの方角にマークを
入れ、入室前に手足の洗い場要。金曜日のお昼のお祈りは2時間。
約11か月周期でラマダンと呼ばれる1か月の断食があります。
断食時は、日の出から日の入りまで、自分の唾も飲込んではいけないそうですが、
真夏であれば水分補給は絶対に必要です。
特に豚を食べない件については、日本では非常に難しく、実はラード等
に形を変え、色んな食材に使われています。日本が初めてのインドネシア人
であれば、始めによく教えてあげなければなりません。
宗教上禁止されていても、実際にやるかやらないかは個人の裁量らしいです。

我々日本人には、宗教の戒律がなく、何でも個人の自由ですが、
国民全員が1か月断食する、というルールも、ある意味、自分自身の訓練に
いいかも、と思ってしまいます。一人ではくじけますよね~

インドネシア人の、小職が考える大きな問題点は、
いわゆる嘘つきです。例えば道を聞いても、みんな別々の所を教えてくれます(笑)
諸説ありますが、たぶん、「知らない」という事が恥ずかしくて言えない文化である、
と思っています。だから、インドネシア人が分かった、と言ったら、何が分かったのか、
こんな時はどうするのか等、掘り下げて聞いてあげてください。
信じられるインドネシア人は、中華系インドネシア人です。
政府統計では人口の1.2%と言われていますが、実際はもっと多いと思います。
彼らはプリブミという政策で公務員になれず、みんなビジネスマンです。
特に2世の中華系インドネシア人は海外の大学を卒業する等、
学歴も高く、インドネシアビジネスを掌握している感じです。

また、農業や漁業では、インドネシア人は日本人以上の能力を発揮する、
と聞いています。職種で出身国を選ぶのもいいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。